旧居留地消防隊地下貯水層


〜横浜市中区〜


横浜にはいくつかの発祥(記録の残っている表記上)になった物がありますが、

ここは 日本で最初に出来た

消防車(1914年)・救急車(1933年)配置の

消防・救急の拠点発祥の地(横浜消防本部)として残された場所です。

1994年まで日本大通り出張所として維持され

現在は

歴史的な見学スペースと地下貯水槽の常時貯水目的に残されています。

写真にはありませんが

夜にはライトアップされることもあります。

消防・消防の始まりを知るのもいいかもしれないですね。





この下部に貯水されている水を見ることも出来ます。



 

詳細地図はこちら




【交通手段】

みなとみらい線・日本大通駅 徒歩3分



【駐車場】

専用駐車場はない模様です。


ここに書かれている内容は独自に調べたことについて記しているものであって、
すべてが実際に見学したものではありません。
てすから、偏りのある内容になってしまっていることがあることや変更されていることもありますので、
改めて各自でガイドブック等を参考の上お調べください。

バスの時刻等も改正されている可能性があります。

またこのホームページは初心者が趣味と勉強も兼ねて制作したものです。
したがってここに書いている企業、団体、地域とは作者は一切の関係はありませんのでご理解をお願いします。




inserted by FC2 system